ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真は、G. cardenasianum ( 光琳玉 ) JO 604 です。
フィールド No. のついたものは少ないと思います。

G. cardenasianum(光琳玉)はギムノの人気種で、
いろんなタイプが市場に出廻っています。
強刺の選抜品が品評会にもよく出品されます。

この JO 604 は従来あるタイプとあまり変わらないように見えます。
やや細く長い刺です。

G. cardenasianum は、1953 年に F. Ritter 氏により
ボリビアの Carrizal(カリザル)で発見され、
FR 88 の FN (フィールドNo.)で、ドイツのウィンター商会
より発表されたものです。

G. bayrianum ( バイリアナム ), G. spegazzinii ( 天平丸 )に近い種です。
亜種に ssp. armatum ( アルマツㇺ )があります。

ボリビアの 2500m前後の高地に産します。 



180607--Sany0042--cardenasianum--JO 604--3km north of Carrizal 2550m--Bercht seed 2714 (2014)
Gymnocalycium cardenasianum  JO 604
3km north of Carrizal ,Tarija, Bolivia, 2550m
( Bercht seed 2714 (2014))
( 光琳玉    JO 604 )





2018.06.10 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. calochlorum
(= G. quehlianum ssp. leptanthum v. calochlorum [AGG])
(= G. calochlorum [G. Charles])

この種はギムノの盛んなころにはよく見かけましたが、
地味な小型種のせいか最近はあまり見ません。

G. calochlorum (火星丸)のラベルで栽培されているものには、
外観の比較的近い G. parvulum
(= G. calochlorum v. proliferum) (= 唐子丸)が
G. calochlorum とされていることがあります。

最近の T. Strub(ストラブ) 氏の詳細なレポートでは、
コルドバ州の Sierra Grande (グランデ山地)
の東側の限られた地域(Carlos Paz ~Tanti)
に産する種とされています。




Sany0075--calochlorum--LB 1357--E of Fozo del Algarrobo Cordoba--ex Eden IB14401
Gymnocalycium calochlorum       LB 1357
east of Fozo del Algarrobo, Cordoba,  Arg.
(ex ) Eden
( 火星丸     LB 1357 ) 





Sany0130--calochlorum--Tom 06-10-2--Tanti Cordoba--ex Milena
Gymnocalycium calochlorum        Tom 06-10.2
Tanti, Cordoba, 700m, Arg.
(ex ) Milena
( 火星丸     Tom 06-10.2 ) 
 



Sany0044--calochlorum--P 203--villa Carlos Paz Cordoba 700m--Pitz seed 4296--ex Shimada
Gymnocalycium calochlorum        P 203    
Villa Carlos Paz, Cordoba, 700m, Arg.
(Piltz seed 4296 )
( 火星丸     P 203 ) ) 
 





2018.06.09 09:20 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |

G. armatum
(= G. cardenasianum ssp. armatum [AGG] )
(= G. cardenasianum [G. Charles])
(= G. cardenasianum fa. armatum )
(= G. spegazzinii ssp. armatum)

光琳玉の亜種とされるアルマツムですが、
春の成長が一段落したところで写真を撮りました。

接木で早く大きくしたものは別にあるのですが、
今回は正木で育ててきた分で、
一人前になるにはまだ2、3年かかりそうです。

ボリビアの Tarija (タリハ)州の Pichu (パイチュ)産が
ssp. armatum (アルマツム)とされています。

少し離れた Tomayapo (トマヤポ) 産のものは、
研究者によって、アルマツムとされることもあり、
アルマツムと光琳玉の中間タイプとされることもあり、
光琳玉の一タイプとされることもあります。

今回の写真は全て Paichu 産で、
直刺があまり曲がらずに突き出す感じのものです。





180607--Sany0021-armatum--JO 129.1--Paichu Centrro--Bercht seed 2356 (2014)
Gymnocalycium armatum  JO 129.1
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2356 (2014))
( アルマツム    JO 129.1 )


180607--Sany0023--armatum--VS 579--Paichu Centro Tarija Bolivia--ex Eden IB19655--
Gymnocalycium armatum  VS 579
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( (ex) Eden )
( アルマツム    VS 579 )



180607--Sany0027--armatum--VoS 074--Paichu Centro--Bercht seed 2358 (2014)
Gymnocalycium armatum  VoS 074
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2358 (2014))
( アルマツム    VoS 074 )


180607--Sany0029--armatum--HTH 105--Paichu--Piltz seed 5811(2013)
Gymnocalycium armatum  HTH 105
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Piltz seed 5811 ))
( アルマツム    HTH 105)



180607--Sany0031--armatum--LB 3466--Paichu Centro--Bercht seed 2357(2014)
Gymnocalycium armatum  LB 3466
Paichu Centrro、Tarija, Bolivia
( Bercht seed 2357 (2014))
( アルマツム    LB 3466 )






2018.06.08 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. melanocarpum [AGG]
(= G. hyptiacanthum v. melanocarpum [G. Charles])
(= G. urguayense v. melanocarpum)

G. melanocarpum ( メラノカルプム ) が開花しました。
花径 10cm のギムノとしては大きな黄花です。

ウルグアイエンセの系統は3月末から4月にかけてが
花の季節で、この時期に咲くことはあまりありません。

昨年の開花も遅く、7月18日に咲いています。
この時は花径はそれほど大きくありません。

この種はウルグアイ産で、 G. urguayense (ウルグアイエンセ)
に近い種です。
G. urguayense (ウルグアイエンセ) の変種にされていることも
あります。

種名は黒い果実を意味し、濃いオリーブ緑色の果実に由来します。



Sany0136--uruguayense v melanocarpum--LB 2700--Bercht seed 3110 (2010)
Sany0134--uruguayense v melanocarpum--LB 2700--Bercht seed 3110 (2010)Sany0171--urguayense v melanocarpum--LB 2700--Bercht seed
Gymnocalycium melanocarpum   LB 2700 
Espinal along the Ruta 20, Uruguay
(Berct seed 3110(2010))
( メラノカルプム             LB 2700 )





2018.06.06 09:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |
G. carminanthum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum [AGG])
(= G. oenanthemum [G. Charles])

写真はは赤花の G. carminanthum ( カルミナンサム )です。
近い種にG. oenanthemum (純緋玉)、G. tillianum (チリアナム)
があります。

AGGはこの種を G. oenanthemum (純緋玉)の亜種としています。
大きな分類をする G. Charles はG. oenanthemum のみを種と認めて、
G. carminanthum, G. tillianum はこれに含めています。

G. carminanthum ( カルミナンサム )は赤い花が魅力ですが、
刺も強いものが多く、この点でも楽しめます。

変種のモンタナム(v. montanum)は、
基準種のG. carminanthum (カルミナンサム)に対して、
より小さな胴体、より青い肌色、より小さな花、
胴体から突き出す刺 などが特徴とされます。

Catamarca (カタマルカ)州の、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)の産で、
基準種に比べて高地に自生します。
変種名は(山地性の) を意味します。






Sany0155--carminanthum--BKS 113--Los Angeles Catamarca--Piltz seed 3074
Sany0157---carminanthum--BKS 113--Piltz seed
Gymnocalycium carminanthum     BKS 113
Los Angeles, Sierra Ambato, Catamarca, Arg.
(カルミナンサム   BKS 113 )





Sany0066--carminanthum v montanum--SL 35a--Los Angeles Catamarca 2600m--Bercht seed 1484(2007)
Gymnocalycium carminanthum v. montanum     SL 35a
Los Angeles, Sierra Ambato Catamarca, 2600m, Arg.
(カルミナンサム (変種) モンタナム   SL 35a )






2018.06.04 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |