ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. saglionis
(= G. saglione )

新天地はギムノの中で最大の球径に達する大型種です。
径50㎝ になると云われています。
国内の栽培場にも径30cmくらいの見事な大球が見られます。

写真の1枚目はFN(フィールド No. )の入った、
原種の新天地です。
新天地は栽培場に広く普及しており、
他に紛らわしい種もないため、原種確認のため
FNつきのものをつくることは少ないと思います。

写真の2,3枚目ははピルツ種子の fa. albispinum (白刺品種)、
fa. longispinum (長刺品種)です。
この名称で種子、苗が市場に出ていますが、
G. saglionis ( 新天地 )の一つのタイプと考えられます。

白刺、長刺となっていますが、
それほどそのような特徴は出ていません。
この名称を付けた時の親株が
そのような特徴をもっていたのでしょう。

種子リストで種子を購入する時の注意点として、
コメントは親株に対するものであり、
必ずしも実生苗が親に似るとは限らない
ということがあります。





Sany0199 (2)--saglionis--HV 828--north Alemania Salta--Piltz seed 5282--ex Milena
Gymnocalycium saglionis       HV 828  
(Piltz seed 5282  )
( 新天地     (Piltz seed 5282 実生) )



Sany0110--saglionis fa albispinum--Piltz seed 3812
Gymnocalycium saglionis  f. albispinum      
(Piltz seed 3812  )
( 新天地     (ピルツ種子 3812 実生) )



Sany0112--saglionis fa longispinum--Piltz seed 3813
Gymnocalycium saglionis f. longispinum      
(Piltz seed 3813  )
( 新天地     (ピルツ種子 3813 実生) )




スポンサーサイト
2015.08.02 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |