ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. lumbrerasense
(= G. delaetii aff. )

この種は、外観と花から見て、
G. delaetii (= G. schickentdantzii v. delaetii)(天主丸)に
近い種と考えられています。

FR 962 はよく知られた Friedrich Ritter (リッター)氏の、
1959年の発見物です。
知見が不十分であったため、記載されていません。

G. delaetii (= G. schickentdantzii v. delaetii)(天主丸) は
G. schickentdantzii (波光竜)に比べて、
稜が丸みのあるコブの列で形成されることが、
一つの特徴です。

側面の、 地面に近い位置に花をつけます。

子房部の鱗片の上部が尖らず丸みがあり、
鱗片の縁が赤いのも特徴の一つです。





Sany0176--lumbrerasense--FR 962--Mesa 469.63
Sany0178--lumbrerasense--FR 962--Mesa seed 489.63
Sany0175--lumbrerasense.jpg
Gymnocalycium lumbrerasense       FR 962         
Lumbreras, Salta, Arg.
( ルンブレラセンセ          FR 962   )




スポンサーサイト
2015.07.31 10:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |