ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. baldianum 〔AGG〕, 〔G. Charles〕

赤花のギムノとして広く普及している緋花玉ですが、
写真は、大量生産で、数100本地植えされた中から
見つけた猫爪タイプです。

英語では(claw-like spines)という語が使われ、
(claw)は獣の爪を意味します。
やや長い刺が下向きに出ます。

最初の写真は 、以前にも紹介したもとの個体で、
だいぶ古い写真です。
今では少し汚れています。

二番目の写真は、カキ仔が育ったもので、
ごく最近の開花です。




111004cc-Sany0056-hikadama-Gikouen.jpg
Gymnocalycium baldianum  ( 緋花玉    (旧来品) )



Sany0103--hika dama--ex Gikoou en
Gymnocalycium baldianum  ( 緋花玉    (旧来品) )






スポンサーサイト
2015.07.05 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |