ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. anisitsii(翠晃冠) の小型種で、胴体の径は3~6㎝です。

1枚目の写真は今春の開花ですが、
2枚目は冬期に肌色が銅色になっていた時の写真です。

稜に階段状の隆起があり、外観が G. damsii(麗蛇丸) に似ますが、
花は G. anisitsii(翠晃冠)のタイプ の花です。

ボリビアの Santa Cruz(サンタクルツ)地区の産です。

亜種名はドイツのギムノ研究者で、、
自身のField No.の種子の販売もしている、
Volker Schaedlich(シェードリッヒ)氏に因みます。

ボリビアの Santa Cruz(サンタクルツ)地区に産します。






Sany0144--anisitsii ssp volkeri--VoS 039--Piltz seed 5659
Sany0036--anisitsii ssp volkeri--VoS 039--Piltz seed 5659
Gymnocalycium anisitsii ssp. volkeri     VoS 39
San Jose de Chiquitos, south, Santa Cruz, Bolivia, 374 m
(Piltz seed 5659)
( 翠晃冠(亜種)ボルケリ    VoS 39  (ピルツ種子実生) )







スポンサーサイト
2015.06.17 10:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |