ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. uebelmannianum 〔AGG〕, 〔G. Charles〕

本種は G andreae( 黄蛇丸 )、 G. baldinum( 緋花玉 )
に近い種です。

本種の産地は上記のの二種の産地から遠く離れており、
La Rioja 州の Sierra Velasco (ベラスコ山脈)
の2000m 以上の高地で、ごく限られた地域です。

一般的に白花、淡黄花ですが、ピンク花が知られています。
径60mmまでの小型種です。
一本の長い杭状根をもちます。

扁平な球形状とされていますが、
写真の WR 141 は柱状に育ってしまいました。
背低く育っているものもあります。

この種は、W. Rausch (ラウシュ)氏の記載で、
WR はW. Rausch 氏のフィールド No. です。





Sany0065--uebelmnnianum--WR 141--Piltz seed 1461
Sany0064---uebelmannianum--WR 141--Piltz seed 1461
Gymnocalycium uebelmannianum         WR 141       
Sierra Velasco, 2500 m, La Rioja, Arg. 
(Piltz seed 1461)
 (  ユーベルマニアナム          WR 141    )







スポンサーサイト
2015.05.16 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |