ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真は ボリビア産の黄刺のギムノ、
G. chacoense (チャコエンセ)です。

まわりに側芽が9本ほど出ていますが、
群生にしようと、そのまま大きな鉢に
植え替えました。

この種は、細いが硬くて曲がらない、多数の刺が
球体から突き出しており、取扱いに苦労します。

同様に植え替え時に痛くて困る種に、
G. paediophilum (パエディオフィラム)、
G. horridispinum (ホリディスピナㇺ)
があります。

明るい黄緑色の肌は、ギムノの中で特異です。
5月には小さな白花が多数同時に咲きます。

仔吹きが多く成長も早いので、
今後普及すると思います。





Sany0162--chacoense--Piltz seed 4730--ex shimada
Gymnocalycium chacoense     (Piltz seed 4730)
Cerro San Miguel, Santa Cruz, Bolivien    
( チャコエンセ       (Piltz 種子 4730 実生)   )





スポンサーサイト
2015.03.25 10:30 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |