ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

種名は狭い稜の意で、薄い鋭稜が特徴です。

北西パラグアイに産し、G. friedrich (牡丹玉)
に近い種です。
G. friedrich (牡丹玉)が径6cm までに対して、
この種は2倍以上の径になる大型種とされます。

AGG は2008年の改訂で、以前は牡丹玉の変種とされた、
G. friedrich v. albiflorum(白花牡丹玉)を
この G. stenopleurum に含めています。

また、G. Charles (チャールス)の本では
G. friedrich (牡丹玉) 自体を
この G. stenopleurum に含めており、
G. friedrich (牡丹玉) は種名から消えています。





Sany0053--steopleurum--LB 2188--Cerro Leon Paraguay--ex Eden 14450
Sany0058-stenopleururum--LB 2188
G. stenopleurum  LB  2188   
Cerro Leon, Paraguay
(  ステノプレウラム      LB  2188     )

この LB  2188 は、当方の瑞雲系の中では最も大きく、径13㎝になります。
ツヤ消しのザラ肌で、表面に細かなつぶつぶがあり、直射日光を受けると
キラキラ光ります。写真では捉えられませんが。


Sany0038--stenopleurum--P 435--suedl Cerro Leon--Paraguay--Piltz seed
Gymnocalycium stenopleurum      P 435
south Cerro Leon, Paraguay
(Piltz seed)
( ステノプレウラム                       P  435 )





Sany0127a--stenopleurum--LB 3027--- Cerro Leon, Paraguay 200m--Bercht seed
Gymnocalycium stenopleurum         LB 3027
Cerro Leon, 200m, Paraguay
(Bercht seed)
( ステノプレウラム                     LB 3027  )










Cerro Leon, Paraguay  200m
スポンサーサイト
2014.12.27 10:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |