ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. rhodantherum [ AGG ] [ G. Charles ]

この種は、 La Rioja(ラリオハ)州の
Sierra de Velasco(ベラスコ山脈)の西から、
Sierra Famatina(ファマティナ山脈)にかけて自生します。

近い地域にある G. guanchinense(ガンキネンセ) と似ていますが、
この種は古くなっても扁平に育ちます。
大きな分類をとる G. Charles (チャールス)は、
G. rhodantherum ( ローダンテラム )に、
G. guanchinense(ガンキネンセ)を含めています。

刺の長短、刺が胴体から突出するもの、胴体に密着するものなど、
刺の変異に巾があり、高地産と低地産で外観が変わります。
種名は赤い葯の意で、葯が濃紅色です。




140618--Sany0151--rhodantherum--VS 41--Guandacol Sa Famatina--Piltz seed 5213
Gymnocalycium rhodantherum       VS 41
Guandacol,  Sa. Famatina, La Rioja, Arg.  1200m 
(Piltz seed 5213)
 (  ローダンテラム        VS 41     )


071014-Sany0060-rhodantherum-Piltz-seed-3552.jpg
Gymnocalycium rhodantherum       
southern Famatina、La Rioja, Arg.
 ( Piltz seed.3552 ) 
 (  ローダンテラム       ( Piltz seed.3552  実生)  )


140913--Sany0054--rhodantherum--Tom 07-285-1--east Chanarmuyo, La Rioja, --ex Milena
Gymnocalycium rhodantherum       Tom 07-285.1
east Chanarmuyo、La Rioja, Arg.
 (  ローダンテラム       Tom 07-285.1  )







スポンサーサイト
2014.12.25 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |