ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. glaucum [AGG, G. Charles]
(= G. mucidum [Piltz, Metzing])

種名の glaucum は青灰色の意で、
青味のある灰色の肌色から来ています。

多くは白い粉(ブルーム、果粉)を吹いて、
白っぽく見えるものがことが多いですが、
濃い青緑色のものもあります。
写真は特に白っぽいものを並べてみました。

Piltz 等は G. mucidum の原記載が
この G. glaucum に該当するとして、
この種を G. mucidum(ムキダム) としています。

一方、AGG は、 原記載の G. mucidum は
G. capillense の系統の種であるとし、
この種を G. glaucum (グラウカム)としています。

La Rioja (ラリオハ)州の
Sierra Famatina(ファマティナ山脈)の南端、
Sierra Sanogasta(サノガスタ山脈)に産します。




Sany0041--glauum --VS 48--San Blas LR 1050m--Mesa seed 468.34
Gymnocalycium glaucum         VS 48
San Blas, La Rioja, 1050m, Arg.
(Mesa seed 468.34)
( グラウカム                   VS 48 )


Sany0101--mucidum--P 36A--Piltz seed
Gymnocalycium glaucum         P 36A 
Salicas, La Rioja, 1000m, Arg.
( Piltz seed 4205 )
( グラウカム                    P 36A  )


Sany0109--glaucum--Mesa seed 468-3--grafted
Gymnocalycium glaucum        
(Mesa seed 468.3)
( グラウカム                  (メサ種子 468.3 実生) )


Sany0117--glaucum--ex yms
Gymnocalycium glaucum        
( グラウカム                  (旧来品) )





スポンサーサイト
2014.11.07 09:30 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |