ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

本種は国内では曛装玉(くんそうぎょく)
として栽培されています。

変種に v. densispinum (デンシスピナム)、
v. simoi (シモイ)があり、
また赤花の品種 f. carmineum (カルミネウム)
があります。

ギムのらしい、落ち着いたツヤ消しの青緑色の肌が
魅力のひとつです。

産地は Catamarca (カタマルカ)州で、
近い種の G. catamarcense (カタマルケンセ、碧巌玉)
の産地から南に少し離れた地域になります。

種名は黒いアレオーレ(nigriareolatum)を意味します。
確かに自生地の写真を見ると、黒いアレオーレの個体が
多数見られます。
これはカビに起因すると思われます。
普通の栽培環境で黒くなることはありません。



Sany0099--nigriareolatum--LB 1235--R1 10km Nof Las Pilquitas Catamarca--ex Eden 14393(2008)
Sany0178--nigriareolatum--LB 1235--Route 1 10km n of Las Pilquitas Catamarca--ex Eden 14393
G. nigriareolatum   LB 1235
Pirquitas, Route 1, Catamarca,  870m, Arg.
( 曛装玉            LB 1235  )



Sany0007--nigriareolatum var--P 130--Cuesta de Poltezuelo Catamarca--Piltz seed
G. nigriareolatum          P 130
Cuesta de Portezuelo, Catamarca, 900-1500m, Arg.
 ( Piltz seed 4267 )
(  曛装玉            P 130 )


Sany0179-g. nigriareolatum var. -P 159-- Palo Labrado, Catamarca--Piltz seed 4278
G. nigriareolatum          P 159
Palo Labrado, Catamarca, Arg
( Piltz seed 4278 )
(  曛装玉            P 159 )



Sany0174a-kunsou-Houmeien.jpg
G. nigriareolatum         
(  曛装玉           ( 旧来品 ))









スポンサーサイト
2014.09.25 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |