ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. buenekeri [AGG]
(= G. horstii ssp. buenekeri [G. Charles])

これは、以前にも紹介した、接木(三角柱)の聖王丸です。
接木で特に大きなサイズになったものです。

一般的には径が10cmまでとされており、
こちらで栽培中のものでは最大が径9cmです。
これは現在径が14cmあります。
5稜が基本ですが、8稜になっています。

接木と知らずに入手したもので、
植え替えで抜きあげて転がしておいたところ、
根元から三角柱の細い枝が伸びてきて、
はじめて台木に気づきました。

長い間放置していたのですが、
最近植え替えてやると、また成長を始め、
しばらく出ていなかった刺が出てきました。





Sany0157--seiou maru--sannkaku tugi--ex Yms
8稜、径14cmの、現在の写真です。


Sany0057--seiou maru --grafted
本年の開花です。



00030402_2014072519490055f.jpg
これは14年ほど前の、入手した頃の写真です。
まだ5稜ですが増稜しかかっています。



00111901-penta.jpgこれは10年ほど前の、8稜で成長しているところの写真です。






スポンサーサイト
2014.07.29 10:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |