ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真は、単に聖王丸のラベルで、
国内で販売されていたものですが、
肌色が紫色を帯びたものです。

一般的な聖王丸と比べると、刺が細く長い、
球体が若い時からやや縦長である、
雄蕊の花糸と葯が赤い、といった違いがあります。

G. buenekeri の原種をいろいろ見ていますが、
このようなタイプは見当たりません。
また、ネットで見られるヨーロッパの栽培品の写真
の中にも、 似たものがないようです。

以上の点から、G. buenekeri aff. (聖王丸近縁種)
としていますが、何かとの交配種ではないかとも
言われています。





Sany0159--seiou maru--ex Isuzu en
SANY0161--seiou maru--ex Isuzu en
Gymnocalycium buenekeri aff.
( 聖王丸    (旧来品 ) )

これは10年以上持っている株で、だいぶ柱状になっています。



Sany0052-buenekeri-isuzuen.jpg
Gymnocalycium buenekeri aff.
( 紫肌聖王丸    (旧来品 ) )

これは少し古い写真ですが、若い時からやや縦に長いイメージがあります。



Sany0213-seioumaru-Isuzuen.jpg
Sany0215-seioumaru-Isuzuen.jpg
Gymnocalycium buenekeri aff.
( 紫肌聖王丸    (旧来品 ) )

四稜タイプの開花です。
赤い花糸と葯が目立っています。



Sany0054--bueneckeri--RWB 462--ex Ede 15044
Sany0055--buenackeri--RWB 462--ex Eden
Gymnocalycium buenekeri    RWB 462
( 聖王丸      RWB 462 )

これは原種の G. buenekeri ( 聖王丸 ) です。
比較のため示しています。










スポンサーサイト
2014.08.04 10:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |