ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真の勇将丸はこの冬の時期、肌色が茶色がかってます。

最初の写真は、曲刺タイプの勇将丸です。
De Herdt (デヘルト)種子の実生として、
20年ほど前に入手したものです。

De Herdt (デヘルト)はベルギーの業者で、
1960年代から1970年代に、多くの種子を
供給していました。
ネットで検索すると、栽培場の写真が出てきて、
今もやっているようです。

曲刺のタイプは、ネットで海外の栽培品の写真を
見ますが、国内ではあまり見かけません。

2番目の写真は、短刺タイプとして入手したものですが、
少し長く太い刺になってきています。

この種は、分類上は G. damsii(麗蛇丸)、
G. mihanovichii(瑞雲丸)に近い種です。

学名は幅広い稜を意味します。
パラグアイの北部、雑木林の樹下に自生し、
高温多湿を好みます。









Sany0048--yuushou--De Herdt seed --ex Houmei en
Sany0049--yuushou--De Herdt seed--ex Houmeien
Gymnocalycium eurypleurum
 ( De Herdt seed )
( 勇将丸       ( De Herdt 種子実生 ))



Sany0026--yuushou tansi--ex Morinokijpg
Sany0025--yuushou--tansi--ex Morinoki
Gymnocalycium eurypleurum
( 勇将丸                   (旧来品))







スポンサーサイト
2014.03.03 10:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |