ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. erolesii
(= G. hyptiacanthum ssp. schroederianum [AGG])
(= G. schroederianum ssp. boesii [G. Charles])

G. erolesii(エロレシー) と
G. schroederianum ssp. boesii(ボエシー) は
2002年に別々に記載されたものですが、その後
この二つは同じものであるとされていました。

さらに、AGGは2008年の分類の改訂で、
この種を ssp. schroederianum (シュロエデリアナム)
と一タイプとし、これに含めています。

種子リストなどでは G. erolesii として出ていること
が多いようです。

写真のLB 2308 は、成長期の肌色は濃緑色ですが、
この時期の肌はやや紫色を帯びた黒い色になっています。
三枚目の写真では、成長点付近に少し緑色が残っています。

花筒部が非常に細く長い、底紅の白花が特徴です。

種名は人名に由来します。
アルゼンチンの Santa Fe(サンタフェ)州の、
平坦な草地に自生します。







Sany0209-erolesii--LB 2308--Berchht seed
Sany0210--erolesii--LB 2308--Vera p Santa Fe--Bercht seed
Gymnocalycium erolesii     LB 2308  
south of Vera, Santa Fe, Arg.
(Bercht seed)
( エロレシー        LB 2308 )



Sany0222--erolesii--lB 2308--Jecminek seed
Gymnocalycium erolesii     LB 2308  
south of Vera, Santa Fe, Arg.
(Jecminek seed)
( エロレシー        LB 2308 )







スポンサーサイト
2014.02.15 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |