ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. catamarcense f. belense [AGG]
(= G. pugionacanthum [G. Charles])

G. catamarcense(カタマルケンセ、碧巌玉)の一タイプで、
f. belense (ベレンセ)とされている種です。

G. catamarcense(カタマルケンセ)は、以前は
G. hybopleurum とされ、碧巌玉の和名で栽培されてきた種です。

この f. belense (ベレンセ)は、
Catamarca(カタマルカ)州のBelen(べレン)近郊の
岩の多い場所に産します。

中刺は無く、刺座の左右に刺が櫛状に出ます。
産地の写真では強刺の見事なタイプが多く見られます。

実生では、このP 73A の他に VS 64 に強刺が出ています。
他に P 73, LF 37B, JO 818, Tom 289.1, Tom 290.1
を育てていますが、まだ小さくて強刺が出るかどうかわかりません。






Sany0050--catamarcense f belense--P 73A--south Capillitas-CAT--ex Eden
Gymnocalycium catamarcense f. belense
 south Capillitas, Catamarca, Arg.      P 73A
( カタマルケンセ (品種) ベレンセ          P 73A   )



Sany0045--catamarcense f belense p 73A--Questa de Belen CAT--ex Eden 13509--
Gymnocalycium catamarcense f. belense
 south Capillitas, Catamarca, Arg.      P 73A
( カタマルケンセ (品種) ベレンセ          P 73A   )








スポンサーサイト
2014.01.16 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |