ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. bruchii ssp. pawlovskyi [AGG]
(= G. bruchii [G. Charles])

この種は羅星丸の亜種で、比較的最近記載された
ものです(2003年)。
羅星丸の系統の中では最も北に産します。

きれいに櫛状に並んだ刺が特徴です。
側芽が少ない、花が大きいとされています。

羅星丸の系統は柱状になりがちですが、
これも今年は日射を強くして
背低く作りたいと思っています。






Sany0023--bruchii v pawlowskyi--MM 830--Route 18 to S Rosa CORDOBA--ex Milena
Gymnocalycium bruchii ssp. pawlovskyi           MM 830
Route 18  to S Rosa , Cordoba, Arg.
( 羅星丸 (亜種) パウロフスキイ          MM 830)










スポンサーサイト
2014.01.10 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(3) |

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

羅星丸の仲間もたくさんあるのですね。
広い自生地のことですから、まだまだ新しいタイプが見つかるのでしょうか。

花色の幅もあるようですし、産地別コレクションするのも面白そうですね。

もし、「これはおススメ」というタイプがあれば、
ご教授いただけるとありがたいです。

2014.01.10 22:10 URL | noria #nZUaibmI [ 編集 ]

noria 様

コメント有難うございます。
本年もよろしくお願いします。

羅星丸については、2009年にG. Neuhuber 氏がAGG誌に二回にわたり論文を出し、
多数の亜種、変種を提案しました。局所的に分布するものが多数あるようで、
まだこれから出てくるかと思います。ただ、これらはまだ一部しか種子が市販されていません。

私のオススメ : 国内に古くからあるv. niveum (白刺密生、ピンク花 群開)、
新婚のピルツ夫妻の発見によるv. brigittae (少い稜、濃ピンク花)、千葉の島田寿男氏の名前
による ssp. shimadae(大きな花)、それと今回のssp. pawlowskyi(きれいに並んだクシ状の刺)

Kakteen Piltz, Bercht Cactus の種子リストをお勧めします。

2014.01.11 20:22 URL | tytsks #- [ 編集 ]

さっそくのお返事、ありがとうございます。

ギムノに限らず、国内で流通するサボテンの種類はほんの僅かですから、
こうした情報はたいへんありがたいです。

おすすめのリストから、じっくり探してみることにします。

2014.01.13 09:05 URL | noria #nZUaibmI [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |