ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. paucispinum [AGG]
(= G. bodenbenderianum [G. Charles])
(= G. riojense ssp. paucispinum)
(= G. sp. Telaritos)
(= G. sp. Tel)

以前は G. riojense(リオジェンセ)の亜種でしたが、
最近は独立した種になっています。

G. sp.Tel, G. sp. Telaritos とされるもの、
国内で テル と呼ばれているものは、この種に相当します。

種名のpaucispinum は少ない刺を意味し、
刺が1~3本です。
扁平な円盤形状に育ちます。
稜数が8~12と少なく、この点では20稜以上になる
G. riojense と対照的です。

La Rioja (ラリオハ)州の Siera Brava(シエラブラバ)から、
Catamarca(カタマルカ)州の Telaritos(テラリトス)
にかけて自生します。






Sany0139-riojense paucispinum--STO-0120-Telaritos-Eden15244
Gymnocalycium paucispinum     STO 120
Telaritos, Catamarca, Arg.
(  パウキスピナム    STO 120  ) 

    
Sany0121-G. sp. Telaritos-STO 120-Eden 15244
Gymnocalycium paucispinum     STO 120
Telaritos, Catamarca, Arg.
(  パウキスピナム    STO 120  ) 








スポンサーサイト
2014.01.02 20:30 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |