ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. alboareolatum v. ramosum [AGG]
(= G. alboareolatum [G. Charles] 

 G. alboareolatum ( アルボアレオラタム)は、
アレオーレの白い綿毛が目立つ小型種です。
近い種に、G. guanchinense (ガンキネンセ)、
G. rhodantherum (ロダンテラム)があります。

 v. ramosum ( ラモサム )は、この変種で、
基準種よりさらに小型とされます。

写真の BKS 50-3 の花を見ると葯がピンク色です。

アルゼンチンの、La Rioja (ラリオハ) 州,
Sanagasta (サナガスタ) 近辺に産します。





Sany0039--alboareolatum v ramosum--BKS 50-3--Above Villa Sanagasta--Piltz seed 902
Gymnocalycium alboareolatum v. ramosum
BKS 50-3    Above Villa Sanagasta, La Rioja, Arg.
 ( アルボアレオラタム(変種) ラモサム     BKS 50-3   )



Sany0052---alboareolatum v. ramosum-VS 58--Villa Sanagasta LR 1100m-Milena
Gymnocalycium alboareolatum v. ramosum
VS 58      Villa Sanagasta, La Rioja, Ag. 1100m
 ( アルボアレオラタム(変種) ラモサム       VS 58 )







スポンサーサイト
2013.10.28 20:15 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(4) |

こんばんは。

このラモサムのような小型ギムノを見ると蒔いてみたくなります。
育てやすさはどうなんでしょうか?

2013.11.06 18:25 URL | sae #f6CisVbY [ 編集 ]


コメント有難うございます。

ラモサムは育てにくいということはないと思います。
一般的にギムノは育てにくいという種はほとんどないように
思います。

当方で唯一苦労しているのは、G. ragonesei (ラゴネシー)です。
この種は、うまく育つものもあるのですが、こじれてしまうことが
時々あり、原因をつかめないでいます。。

ラモサムは、国内ではあまり見かけない種です。
是非実生から育ててみてください。




2013.11.07 17:51 URL | tytsks #- [ 編集 ]

こんばんは。
先日Piltzより種子取り寄せましてラモサムを2種蒔いてみました。
一緒に幾つか蒔いたborthiiより発芽率も良く育っています。
これからが楽しみです。

2013.12.16 22:02 URL | sae #f6CisVbY [ 編集 ]

コメント有難うございます。
もう発芽しているとは、ずいぶん早いですね。
それに、今頃発芽しているのは、加温でしょうか。
当方では、ピルツの新しい種子リストが1月初めに出るので、
これを取り寄せて、2月ごろに加温実生することが多いです。
実生はまず発芽するかどうかが第一関門です。
発芽率が良かったのなら、今後が楽しみですね。
また、成長したらご報告ください。


2013.12.17 20:42 URL | tytsks #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |