ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

この種は、チェコでつくられた、
G. denudatum(デヌーダツム)と
G. baldianum(緋花玉)の交配種です。
ヨーロッパでは多く栽培されているようです。

外観の上で、緋花玉 の因子があまり現れず、
単なる G. denudatum(デヌーダツム)の赤花に見えます。

ほとんど出回っていませんが、原種にデヌーダツムの赤花変種
(G. denudatum v. roseiflorum)があります。
この(cv. Jan Suba)との外観上の区別はむつかしい
と云われてています。

チェコの人名の発音に従って(ヤンスバ)としていますが、
英語風に(ジャンスバ)とも呼ばれています。




Sany0157--denudatum cv Jan Suba--Mesa 464
Gymnocalycium denudatum cv. Jan Suba
( ヤンスバ      (交配種) )





スポンサーサイト
2013.08.24 10:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |