ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

古くから栽培されてきた
G. mihanovichii (瑞雲丸)ですが、
写真は原種の瑞雲丸です。

近い種に、ピンク花の G. friedrichii(牡丹玉)、
白花の G. stenopleurum(ステノプレウラム)
がありますが、これらはツヤ消しのザラ肌です。。

一方、この種は花が茶緑色で全開せず、
ツヤのある、なめらかな肌をもっています。

産地はパラグアイの最も西の地域で、
ボリビア国境、アルゼンチン国境に近い、
Gran Chaco(グランチャコ)地方の
Filadelfia(フィラデルフィア)を中心とした
地域です。




Sany0050--mihanovichii--VoS 267--Lagerenza Aito Paraguay--ex Eden 18381
Gymnocalycium mihanovichii      VoS 267
Lagerenza,  Aito Paraguay, Paraguay
( 瑞雲丸               VoS 267  )



Sany0169--mihanovichii --STO 1211--Filadelfia - Cerro Leon Buqueron Paraguay 210m--Eden 16831
Gymnocalycium mihanovichii      STO 1211
Filadelfia - Cerro Leon,  Buqueron,  Paraguay,  210m
( 瑞雲丸               STO 1211)




Sany0022--mihanovichii--STO 1212--Madrejon Parque National Alto Paraguay Paraguay 240m--ex Milena
Gymnocalycium mihanovichii     STO 1212
Madrejon Parque National,  Alto Paraguay,  Paraguay, 240m
( 瑞雲丸              STO 1212 )



Sany0187--mihanovichii var --Amerhauser seed--STO1224--Estancia Montania - Mariscal Paraguay 340m-tutiya
Gymnocalycium mihanovichii     STO 1224
Estancia  Montania - Mariscal,  Paraguay, 340m
( 瑞雲丸              STO 1224 )






スポンサーサイト
2013.07.21 10:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |