ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. lukasikii f. emilii
(= G. taningaense v. lukasikii f. emilii [AGG])
(= G. taningaense [G. Charles])

AGG 分類では、 G. taningaense (タニンガエンセ)の変種の
v. lukasikii (ルカシキー)の品種とされています。

STO 1596 は、産地がFormento Ganadero - Las Aguadas,
San Luis で、G. lukasikii f. emiliiとされる一方で、
G.nataliae、G.berchtii、G.berchtianum などとも
されている種です。

この種は、亜種lukasikii とは、長い花、より大きな種子、
直径8cm 以上になるより大きな胴体、時に赤茶色になる表皮
により異なるとされます。




Sany0054--lukasikii v emillii--STO 1596--ex Eden 18375
Sany0057--nataliae →lulasikii v emillii--ex Eden 18375
Gymnocalycium lukasikii f. emilii      STO 1596 
 Formento Ganadero - Las Aguadas, San Luis, Arg. 
( ルカシキー(品種) エミリー    STO 1596 )





スポンサーサイト
2013.06.16 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |