ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. bruchii v. brigittae
(= G. bruchii ssp. matznetteri v. brigittae [AGG])

この種は Piltz (ピルツ)夫妻の発見物で、
種名は夫人の Brigitte Piltz 氏に由来します。

Piltz(ピルツ)に種子を注文すると、種子と共に、
Brigitte のサインで Thank you のメモが
送られてくることがあります。

産地は Cordoba (コルドバ)州の Sierra Grande
(グランデ山脈)で、南北に延びる G. bruchii(羅星丸)の
産地の中では西の方になります。

基準種と比べて、稜が少なく、刺も少ないため、
青緑色の肌が目立ちます。
明るいピンク花です。



130418--Sany0098--bruchii v brigittae--P 214--Mesa seed 458.3
10418---Sany0102--bruchii v brigittae--P 214--mesa seed
G. bruchii v. brigittae     P 214
west of Sierra Grande, Cordoba, Arg.
( ブリジタエ    P 214 )





スポンサーサイト
2013.04.20 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(2) |

おはようございます。
このところ「羅星丸」系の記事が続いていますね。
昨年我が家に来たサボくん。
近隣の「道の駅」で手に入れました。
「羅生丸」という名前が付けられていたのですが・・・
「羅星丸」系のどれかの様な気がしています。
子吹きが盛んで外観・刺も良く似ています。
花が咲けばわかると思うのですが、どの位のサイズで咲かせるのでしょうか。

2013.04.21 09:04 URL | お~り~ #- [ 編集 ]

お~り~ 様

コメント有難うございます。

羅星丸の花ですが、本体の径が 2.5~3 cm くらいで
咲くと思います。

(子吹きが盛んで)とあるので、この程度の径になって
いると思われ、温度さえ上がれば蕾がつくのではないでしょうか。

羅星丸の花は、花首(子房部)が短く、花底が明るい色です。
底紅ではありません。
外観の似たところのある唐子丸の系統とは、これらの点で判別できます。

2013.04.22 13:19 URL | tytsks #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |