ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. mazanense v. polycephalum
(= G. weissianum [AGG])
(= G. hossei [G. Charles])

AGGはこの種が G. weissianum (ウエイシアナム)
であるととしており、 また G. Charles はこの種を
G. hossei(ホセイ)(= 魔天竜、G. mazzanense )
の 一タイプとしています。

種子の販売リストなどは、
G. mazanense v. polycephalum とされることが多く、
今のところ栽培の場ではこの名称が使われています。

La Rioja (ラリオハ)州、
Sierra de Velasco (ベラスコ山脈)の北部が産地です。

変種名の polycephalum は多頭を意味し、
自生地の写真を見ると古い株は数頭の群生になっています。
かなり大きくなってから仔吹きするようです。
長い曲刺を突き出した、魅力的なものが見られます。




130125--Sany0033--mazanense v polycepharum--BKS 45--ex Haage 
Gymnocalycium mazanense v. polycephalum      BKS 45
Suriyaco, La Rioja, Argentina
( 魔天竜 (変種) ポリセファラム          BKS 45 )






スポンサーサイト
2013.02.01 10:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |