ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

麗富玉の和名で古くから栽培されてきた種があり、
花首の長いことでよく知られています。
学名は G. leptanthum (レプタンサム)とされて来ましたが、
近年の分類で G. leptanthum とされる種とは別の種です。

麗富玉は二つのタイプがあり、1~3枚目の写真のタイプは、
明るい青緑色の肌で、稜の谷間が浅く、白っぽい刺が球体に
密着します。花首の長い花を咲かせます。
近年の分類では G. altagraciense (アルタグラシエンセ)
に近いように見えます。

4枚目の写真は、もう一つのタイプで、やや黒っぽい
濃青緑肌で、稜の谷間が少し深く、これも花首の長い花が
咲きます。
近年の分類では G. erolesii (エロレシー)
(= G. schroederianum ssp. boessii) に近いように見えます。
5枚目の写真は、Mesa 種子の実生で、 G. leptanthum の名称で
このタイプが残っています。

この他に、光竜丸の和名でつくられてきた種があり、
麗富玉の二番目のタイプに似ています。
6枚目の写真がこの種です。
これも花首の非常に長い花をつけます。
光竜丸は G. platense の学名が当てられて来ましたが、
最近の分類の G. platense(プラテンセ) には合いません。
7枚目の写真は、チェコの種子の実生ですが 、
G. platense の名称でこのタイプが出ています。





03071901-leptanthum.jpg
Gymnocalycium spec.                     (reihuu-gyoku (G. leptanthum))
( 麗富玉                  (旧来品) )


120827--Sany0176--reihuu gyoku--ex Yms
Gymnocalycium spec.               (reihuu-gyoku (G. leptanthum))
( 麗富玉                       (旧来品) )


121112--Sany0072--reihuu--ex Tutiya 
Gymnocalycium spec.        (reihuu-gyoku (G. leptanthum))
( 麗富玉          (旧来品) )


070606-Sany4137-huukigyoku-tutiya.jpg
Gymnocalycium spec.                   (reihuu-gyoku (G. leptanthum))
( 麗富玉                        (旧来品) )


080604-Sany0038-lptanthum-Mesa469 58
Gymnocalycium spec.             (G. leptanthum (Mesa seed  469. 58 ))
( 不明種               (メサ種子 469. 58 (G. leptanthum ) 実生) )


03062901-platense.jpg
Gymnocalycium spec.                  (kouryuu-maru (G. platense))
( 光竜丸          (旧来品) )


120709--Sany0207-platense--Jecminek seed
Gymnocalycium spec.          (G. patense (J.Jecminek seed))
(不明種         (J.Jecminek 種子 (G. patense)  実生) )





スポンサーサイト
2012.11.12 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |