ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. denudatum ssp. angulatum [AGG]
(= G. denudatum [G. Charles])

G. denudatum (デヌーダタム)の亜種とされる種で、
南ブラジルの Rio Grande do Sul(リオグランデドスル)地区、
Cavera(カベラ)の 近辺に産します。

基準種のG. denudatum (デヌーダタム)の5稜に対して、
本亜種は7~9稜、
基準種の5本刺に対して本亜種は7~9本刺、
コブ隆起のある稜、花底がピンクの白花、
より小さい胴体、などの違いが指摘されています。

花底がピンクの白花とされていますが、
花を上から見ても花底がピンクかどうか、
微妙なところで確認できませんでした。
花の断面で見ると、確かに花底部がピンク色です。




120618--Sany0084--denudatum ssp angulatum--GF 304--Dom Pedrito R G de Sul--Piltz seed 3423
120620--Sany0090--denudatum ssp agulatum--GF 304--Piltz seed 3423
120620--Sany0094--denudatum ssp angulatum--GF 304--Piltz seed 3423
Gymnocalycium denudatum ssp angulatum   GF 304
Dom Pedrito,  Rio Grande de Sul, Brasil
 (  デヌータタム (亜種) アンギュラータム            GF 304   )






スポンサーサイト
2012.07.16 10:00 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |