ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. calochlorum
(= G. quehlianum ssp. leptanthum
v. calochlorum [AGG])
(= G. calochlorum [G. Charles])

G. calochlorum (火星丸)として栽培されていますが、
外観の比較的近い G. parvulum
(= G. calochlorum v. proliferum) (= 唐子丸)が
G. calochlorum とされていることが多いようです。

この種は、研究者により見解に差がありますが、
最近の T. Strub 氏の詳細なレポートでは、
コルドバ州の Sierra Grande (グランデ山地)
の東側の限られた地域(Carlos Paz ~Tanti)
に産する種とされています。

写真は この Tanti 産の STO 190 です。





120408--Sany0115-calochlorum-STO 88-190--Tanti, near Carlos Paz 900m-
Gymnocalycium calochlorum       STO 88-190
Tanti, near Carlos Paz, Cordoba, Arg.  900m
( 火星丸    STO 88-190  )




スポンサーサイト
2012.07.25 10:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |