ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. denudatum v. brasilinse
(= G. denudaum [AGG])

G. denudatum v. brasilinse, G. denudatum f. Brasil
などの名前で種子が販売されていますが、カタログ名とされ、
G. denudaum (デヌーダタム)の一タイプです。

現在 G. denudatum とされる種は全てブラジル産ですが、
パラグアイ産の G. paraguayense(パラグアイエンセ)や
その近縁の種が、G. denudatum やその変種の名前で
欧州に入った時代があります。

ブラジル産であることを強調して、
このような名前で販売されたものの系統と思われます。
写真の株は、外花弁の先端がピンク色を帯びるタイプです。




100610-Sany0064-denudatum v. brasiriense-Kikakusha-Morinoki
100610-Sany0065-denudatu v. brasiliense-Kikakusha
 Gymnocalycium denudatum v. brasilinse      ( Koehres seed )
(  デヌータタム (変種) ブラジリエンセ          (旧来品)
( Koehres 種子 実生) )
 



スポンサーサイト
2012.01.06 10:20 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |