FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、フィールドNo.のついた、
産地情報のある、由来の明確な、各種の種子を入手し、その実生育成に注力
しています。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧
がありますので、適宜ご利用ください。

------------------------------------------------------------


G. rhodantherum [ AGG ] [ G. Charles ]

だいぶ古い栽培品ですが、
新刺が出始めたところを写真に撮りました。
以前とだいぶ感じが違うように思い、
古い写真を見直しました。
2,3,4枚目に
若い時の写真とつけ加えています。



この種は、 アルゼンチンの La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra de Velasco(ベラスコ山脈)の西から、
Sierra Famatina(ファマティナ山脈)にかけて自生します。

一方、Sierra de Velasco(ベラスコ山脈)の東側の、
Mazan(マザン)地域に産するのが、
G. hossei (ホセイ)(=G. mazanense) (魔天竜)です。

近い地域に産する、G. guanchinense(ガ ンキネンセ)に似ますが、
ガンキネンセが古くなると縦長になるのに対して、
この種は古くなっても扁平に育つとされます。

ガンキネンセとの外観上の差異については
もう一つつかめていません。

G. Charles (チャールス)のギムノの本では、
G. guanchinense(ガ ンキネンセ)を
G. rhodantherum ( ロダンテラム )の一タイプとし、
これに含めています。

刺の長短、刺が胴体から突出するもの、胴体に密着するものなど、
刺の変異に巾があり、高地産と低地産で外観が変わります。

種名は赤い葯の意で、葯が濃紅色です。
この点はガンキネンセも同様です。




200406--DSC_4812--rhodantherum--southern Famatina--Piltz seed 3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)



次は2年前の写真です。
181108_145641--rhodantherum--southern Famatina--Piltz seed 3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)


次は4年前の写真です。
161016--Sany0016--rhodantherum-southern Famamatina--Piltz seed 3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)

次は7年前の写真です。
120804--Sany0039--rhodantherum-southern Famatina--Piltz seed.3552
Gymnocalycium rhodantherum
southern Famatina, La Rioja, Argentina 
(Piltz seed 3552)
( ギムノカリキウム属 ロダンテラㇺ  ピルツ種子
3552実生)








スポンサーサイト



2020.04.08 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |