FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------


G. guanchinense 〔AGG〕
( = G. rhodantherum 〔G. Charles〕)


ガンキネンセの和名で古くから多くつくられてきた種です。
歓喜玉の和名がありますが、ほとんど使われていません。

AGG は近くに産するG. rhodantherum (ロダンテラム) とは
別種としています。

G. Charles (チャールス)のギムノの本では、
G. guanchinense ( ガンキネンセ )の種名は見当たりません。
この種を近い地域に産する、G. rhodantherum (ロダンテラム)
に含めています。

成球になるに従い、上向きにカーブした長刺を密生してきます。
初冬のこの時期、まだ少し新刺を出しています。
花は、葯が濃赤色の白花です。

アルゼンチンの、La Rioja(ラリオハ)州、
Sierra Famatina(ファマチナ山脈)一帯に産します。

近い地域の G. rhodantherum(ロダンテラム) に似ますが、
G. rhodantherumが古くなっても扁平であるのに対して、
この種は長球状で、古くなると短円柱状になります。
より長く、上に向かう刺、短い子房部を持つ花、
種子の形状などで異なるとされます。





191129--DSC_3805--guanchinense--VS 36--Los Tambillos Cuesta Miranda LR--ex milena
 Gymnocalycium guanchinense        VS 36
Los Tambilos , La Rioja, Arg. 1600 m
((ex) Milena (2012))
(ギムノカリキウム属 ガンキネンセ          VS 36 )



191129--DSC_3802--guanchinense v mirandaense--Tom 12-651-1--Bercht seed (2014)
Gymnocalycium guanchinense         Tom 12-651.1
R 40  0.5km east Puerto Alegre, 1435m, La Rioja, Arg.
( Bercht seed 3127 (2014) )

( ガンキネンセ         Tom 12-651.1 )










スポンサーサイト



2019.12.05 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |