FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
サボテン科 ギムノカリキウム属各種の種子を入手し、その実生育成に注力して
います。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
--------------------------------------------------------------------------

Gymnocalycium uruguayense [ AGG ]


ウルグアイエンセの花が咲きました。

ウルグアイエンセは早春の花で、
3月末から4月初めが花の時期ですが、
この晩秋の頃にもぽつぽつ咲いています。

G. uruguayense(ウルグアイエンセ) は、国内では
原子玉、元刺玉、聖姿玉、ウルグアイエンセの名称で
流通しています。

この種はウルグアイの産で、ほとんどが黄花ですが、
産地の一部の地域で白花、淡ピンク花が出ます。

ギムノの黄花は、この
ウルグアイエンセの系統と、
黄蛇丸です。どちらも早春が主な開花期です。


この株はこちらの栽培品の中では刺の太い方です。
ヨーロッパの栽培品にはずいぶん強い刺のものが見られますが、
入手できていません。




191103--DSC_3633--urguayense--MM 233--ex Eden 15224  
191103--DSC_3632--urguayense--MM233-ex Eden
Gymnocalycium  uruguayense     MM 233
east of Topador,  Uruguay
((ex) Eden)
(  ギムノカリキウム属 ウルグアイエンセ        MM 233 )
 



スポンサーサイト



2019.11.04 09:30 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |