FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 


最初の写真は
ピルツ種子実生の G. griseopallidum ( グリセオパリダム)です。
次の写真は、
国内でつくられてきた旧来品のグリセオパリダムです。

G. griseo-pallidum は古くバッケベルグの記載(現在では命名規則上不十分
であり無効とされる)ですが、これとは別にAGG の H. Till (ティル)氏が
原記載に該当するとして新たに記載した
G. anisitsii v. griseopallidum があります。

ただ、これは古くからヨーッロパ、日本で栽培されてきた旧来品とは
外観が全く異なることが V.Schaedlich (シェ―ドリヒ) 、
G. Charles(チャールス)氏らにより指摘されています。

旧来品に近いタイプに、A. Lau 氏の 1970 年の採集品 L 368 があり、
G. griseopallidum (sensu) Lau と呼ばれることがあります。

G. griseopallidum L 368
Salinas de san Jose, Cordillera, 400m, Santa Cruz, Bolivia

この 
L 368 はV.Schaedlich (シェ―ドリヒ) から種子が
販売されていますが、まだうまく育っていません。


最初の写真のピルツ種子の実生は、国内で古くからつくられてきた
グリセオパリダムに近いタイプです。

産地では灰白色の肌とされていますが、
栽培では明るい緑色の肌になります。
よく仔吹きします。

ギムノの盛んな時代には、わりとよくつくられた種で、
品評会にも出品されれたこともあります。

2番目の写真は、だいぶ前にギムノの先輩から頂いた、
国内の旧来品の系統です。


101009--DSC_3415--griseopallidum--Chaco Bolivia--Piltz seed 2178(2011)
Gymnocalycium griseopallidum
Chaco,  Bolivia
( Piltz seed 2178 )
(ギムノカリキウム属 グリセオパリダム   (ピルツ種子 2178 実生 ))


191008--DSC_3410--griseopallidum--(ex) Moriyama
Gymnocalycium griseopallidum
( ギムノカリキウム属 グリセオパリダム   (旧来品 ))










スポンサーサイト



2019.10.11 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |