FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

------------------------------------------------------------------------- 
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、 
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。 
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。 
なお、
ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。 
-------------------------------------------------------------------------
 


写真は紫肌の G. friedrichii (牡丹玉) で、cv. 〔園芸種〕です。

近年、ebay など、海外からの販売サイトでよく見かけます。
タイ、イタリア、ポーランドなどから出されています。
少ないですが、国内のオークションサイトでも見かけます。

様々な名称がつけられています。
G. friedrichii , G. friedr ichii cv., G. friedrichii varieg., G. friedrichii varieg. HIBOTAN,
G. mihanovichii varieg.HIBOTAN , G. friedrichii varieg. HIBOTAN NISHIKI

もともと G. friedrichii (牡丹玉) は緑肌の他に、紫褐色肌があります。
ずっと以前にも( 20年以上前 )、緋牡丹錦の実生の副産物として、
斑のない牡丹玉の中に、やや濃い紫色の肌の牡丹玉がありました。
接木で入手して、下ろして自根でしばらくはもったのですが、
長持ちせずに無くしてしまった記憶があります。

3枚目の写真の株は、自根で入手して、そのままつくっていますが、
花は咲くものの、ほとんど大きくならず、不安に思いながら、
ながめています。

緋牡丹についてはあまり栽培した経験がないのですが、
韓国で大量に生産されている三角柱接ぎの緋牡丹の写真を見ると、
レッド、ピンク、オレンジ、黄色の他に紫色があります。
国内でもあるのかも知れません。
どの程度の紫色かつかんでいませんが。




100928--DSC_3313--friedrichii cv-ex kusuhata
Gymnocalycium friedrichii cv.   (grafted)
( ギムノカリキウム属  牡丹玉 )




190502--DSC_1264--friedrich cv--ex Italy--eBay
Gymnocalycium friedrichii cv.  (grafted)
( ギムノカリキウム属  牡丹玉 )



171203cc--Sany0158--friedrich cv--dark purple--ex Thailand 
Gymnocalycium friedrichii cv. 

( ギムノカリキウム属  牡丹玉 )








スポンサーサイト



2019.10.06 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |