FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属の各種に関して、主としてフィールドNo. のついた、
産地情報のある、由来の明確な種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。
なお、ホームページにギムノ全種の写真一覧がありますので、参考にしてください。
-------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii [AGG]
(= Gymnocalycium marsoneri ssp. megatae [G. Charles])

Gymnocalycium anisitsii (翆晃冠)の亜種として、
2002年に記載された種です。

翆晃冠に対して、扁平球形状、扁平に広がる根、
弾力性のある、時にねじれた、胴体に沿う長い刺が
特徴とされています。

ボリビア、San Jose(サンホセ)地区の産、
日のよく当たるところに多いようです。

紅緑丸の和名で知られるツカボセンセ(v. tucavocense)が、
AGG分類ではこの亜種の変種になっています。
Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii v. tucavocense




190809--DSC_2902--anisitsi ssp holdii--VoS 03-034--EL Tinto Santa Cruz Bolivia--VoS seed 2018
190809--DSC_2905--anisitsii ssp holdi--VOS 03-034--VoS seed (2018)
Gymnocalycium anisitsii ssp. holdii     VoS 03-034
EL Tinto, Santa Cruz, Bolivia
V. Schaedlich seed (2018)
( ギムノカリキウム属 翆晃冠(亜種)ホルディー  VoS 03-034 )




スポンサーサイト



2019.08.15 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |