FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
サボテン科 ギムノカリキウム属に関して、主として、
フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと考えています。

--------------------------------------------------------------------------




翠晃冠 の多稜 ・ 多弁花のタイプで、
古くから栽培しているものです。

稜が24稜くらいあり、花も多弁花です。

最初に入手したものは、綴化だったと思いますが、
成長点付近から形がくずれてしまい、今はありません。
これはそのカキ仔を大きくしたものです。

最初の写真2枚は最近のもので、
8つの花が開いています。
この中6つは横長で、綴化花のようです。

3枚目は昨年秋にひとつだけ花をつけた時のものです。
多くの花で見えない部分を見るために付け加えました。



190524--DSC_1725--anisitsii--taryou-tabenka.jpg
190524--DSC_1728--anisitsii--taryou-tabenka--.jpg
180918--Sany0010--suikoukan-taryou_201905242052057ed.jpg
Gymnocalycium anisitsii
( ギムノカリキウム属 翆晃冠 (多稜多弁花タイプ)    (旧来品))







スポンサーサイト



2019.05.25 09:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |