FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
サボテン科 ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力して
います。これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を
紹介して行きたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------


G. gibbosum v. nigrum
(= G. gibbosum v. brachypetalum [AGG])
(= G. gibbosum [G. Charles])

写真は旧来品の二グラムで、まだ小さな苗ですが、
黒茶色の長い新刺を出しています。

二グラムは青黒い肌に、黒い刺を付けます。
地味な外観のギムノですが、強刺のタイプは古くから人気があります 。

この時期、鮮やかな色の新刺を次々と出すところは、
なかなか魅力的です。
この新刺の色もやがて黒っぽい色に変わってしまいます。

国内でも二グラムの名称で通っていますが、
AGG は G. gibbosum v. brachypetalum (ブラキペタラム
と同種としています。






190429--DSC_1217--nigrum--ex nishi 190429--DSC_1219--nigrum--ex nishi 2010
Gymnocalycium gibbosum v. nigrum
( ギムノカリキウム属 九紋竜 (変種) 二グラム      (旧来品) )











スポンサーサイト
2019.05.02 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(1) |


コメント有難うございます。

3枚目のギムノの写真を拝見しました。

扁平な胴体、明るい青緑色の肌色、根元の黒っぽい7本刺、淡黄色の新刺
から判断しますと、竜頭(あるいはその近縁種)かと思いますが、
あまり自信はありません。竜頭であれば花は底紅白花です。
百均、ホームセンターで売られているものは、特に種名のついていないものは、
雑交媒されているものがあり、種名を判定できないものも多いと思います。
単にギムノとして楽しまれた方が良いかもしれません。






2019.05.04 09:30 URL | tytsks #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |