FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------




本日は、春が近づき新刺の出始めた旧来品の天平丸です。

最初の写真の天平丸は長く栽培しているもので、
稜が多く、あまり長くない刺が球体に密着して並ぶタイプです。
和名の天平丸のもとになった、
天平の甍(いらか)を思わす外観で、大事にしています。

190313--DSC_0475--tenpei--ex Houmei en
Gymnocalycium spegazzinii
( 天平丸      (旧来品))


次の写真は、I 園で(ハーゲ天平)の名称で、実生を繰り返して
長い間販売されていたものです。

もともとドイツのハーゲから入ったものと思われます。
ハーゲ(Kakteen-Haage)は、ヨーロッパでもっとも古いカクタス業者です。
1685年の創業で、当初は造園業、園芸業のようですが、
1822年にカクタスに専業化したと記されています。

1927年に Echinocactus hossei がハーゲ商会のカタログで、
すばらしい新種として販売された、という話が残っています。

これは現在の Gymnocalycium hossei (= Gymnocalycium mazanense )です。
190313--DSC_0471--Haage tenpei---ex Isuzu en
Gymnocalycium spegazzinii
( 天平丸      (旧来品))




スポンサーサイト
2019.03.15 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |