FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の栽培品の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------



Gymnocalycium ritterianum 〔AGG〕
(= Gymnocalycium ritterianum 〔G. Charles〕)

この種は La Rioja (ラリオハ)州の
Sierra Famatina (ファマチナ山脈)の
3000m~3500m の高地に産します。
近い地域に産する、G. guanchinense(ガンキネンセ),
G. rhodantherum((ロダンセラム) に近い種です。

種名は光琳玉はじめ多くの南米カクタスの発見で有名な
F. Ritter (リッター)氏に由来します。

単幹または小群生で、扁平に育ち、
古くなっても縦長にならないとされます。


最初の写真は、黄刺のタイプで、
実生の小さな時から2頭できたものですが、
だいぶ大きくなり、二つに分けることにしました。
分けるまえに撮った写真です。

190308--DSC_0441--ritterianum--P 219--Piltz seed4306
Gymnocalycium ritterianum      P 219
Sierra Famatina, La Rioja Arg. 
(Piltz seed 4306)

(  リッテリアナム         P 219 )



次は新刺の出始めた茶色刺のタイプです。
扁平に育っています。
190313--DSC_0463--ritterianum--WR 126--Piltz seed 2846--ex mrk
Gymnocalycium ritterianum       WR 126
Famatina to Velasco,  La  R ioja , Arg.  3250m
( Piltz seed 2846)
 (  リッテリアナム         WR 126 )








スポンサーサイト
2019.03.13 11:16 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |