FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

-------------------------------------------------------------------------
主として、フィールドNo. のついた、産地情報のある、由来の明確な、
ギムノカリキウム属の種子を入手し、その実生育成に注力しています。
これらの原種ギムノを中心にして、ギムノ全般の各種の近況を紹介しています。

--------------------------------------------------------------------------




この種は径4cm までの小型種で、仔吹きして群生します。
綴化すると大きくなります。

この種は外観はあまり似ませんが、
G. denudatum (デヌーダタム))、
G. uruguayense(ウルグアイエンセ)に近い種です。
大きな種子で、Macrosemineum 亜属に属します。

近年の分類では、種子の形状、花の構造が重視されます。
刺の出方などの外観は環境により変わり易いとされてます。

ブラジルに国境を接する、アルゼンチンの東部、
Corrientes (コリエンテス)州の、
Mercedes (メルセデス)近辺の、
岩石の散在する草地にに産します。

産地の写真を見ると、背の低い草の中に
芝生状に群生しています。

この地域はカクタスの少ない地域で、
この種の発見は比較的新しく1978年です。




赤っぽい刺の、よく見かけるタイプです。
190309--DSC_0452--mesopotamicum--Piltz seed--ex houmei en
Gymnocalycium mesopotamicum   P 241
Mercedes, Corrientes, 200m, Arg.
 
( Piltz seed )
 ( メソポタミクム           P 241    )


黄刺タイプです。
190220--DSC_0352--mesopotamicum--LB 2298--Bercht seed
Gymnocalycium mesopotamicum   LB 2299 
( Bercht seed (2004))
( メソポタミクム             LB 2299    )








スポンサーサイト
2019.03.11 11:27 | Macrosemineum(デヌダタム他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |