FC2ブログ

ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

本種は国内では曛装玉(くんそうぎょく)
の和名で栽培されて来ました。

(曛)の字は滅多に使わない漢字で、
くん装玉 とした方が良いように思います。

(曛)は夕日の光、夕暮れの微妙な明るさを
意味するようですが。

この種は青緑色のツヤ消しの羅紗地肌が きれいです。
写真ではもう一つ表現できませんが。
アレオーレの白い綿毛の多いものもよく見かけます。

産地は Catamarca (カタマルカ)州で、
近い種の G. catamarcense (カタマルケンセ、碧巌玉)
の産地から南に少し離れた地域になります。

種名は黒いアレオーレ(nigriareolatum)を意味します。
確かに自生地の写真を見ると、黒いアレオーレの個体が
多数見られます。 これは黒いカビに起因するとされます。
普通の栽培環境で黒くなることはありません。

v. carmineum(カルミネウム) は赤花の変種です。
v. simoi (シモイ)は白い刺が特徴です。
v. densispinum (デンシスピナム)は、刺が密で、
仔吹きして横に拡がり、群生します。



181108_144321--nigriareolatum --LB 1235--Route 1 10km N of Las Pilquitas Catamarca--ex Eden IB 14393 (2008)
G. nigriareolatum   LB 1235
Pirquitas, Route 1, Catamarca,  870m, Arg.
( くん装玉            LB 1235  )






101006a-Sany0174a-kunsou-Houmeien.jpg
G. nigriareolatum   
(くん装玉            (旧来品))





181031--Sany0080--nigriareolatum--STO 268--Jecminek seed 02718B (2009)
Gymnocalycium nigriareolatum         STO 268
(Jecminek seed 02718B (2009))
(くん装玉            STO 268 )


140914--Sany0125--igriareolatum v simoi--La Merced--Bercht seed GYM 318(2004)
Gymnocalycium nigriareolatum v. simoi      
La Merced,  Catamarca, Arg.
( Bercht seed )   
( くん装玉 (変種) シモイ        ( Bercht 種子実生) )




181005--Sany0201--nigriareolatum v simoi--P 161--
Gymnocalycium nigriareolatum v. simoi     P 161
south of Palo Labrado, Catamarca, Arg.
( くん装玉 (変種) シモイ    P 161 )




181005--Sany0214-nigriareolatum v simoi--P 39--Piltz seed
Gymnocalycium nigriareolatum v. simoi     P 39
Sierra Graciana, Catamarca, Arg.
( Piltz seed )
( くん装玉 (変種) シモイ      P 39 )






スポンサーサイト
2018.11.13 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |