ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. parvulum [AGG]
(= G. calochlorum [G. Charles])
(= G. calochlorum v. proliferum )


最初が parvulum ( パルブラム )の青い果実の写真で、
二番目が同じ株の花の写真です。

花の色、形状、構造は種の判別に重要なポイントですが、
果実の色、形状、割れ方も種の判別に用いられます。

以前に G. calochlorum v. proliferum
とされていたものが、この種に該当します。

国内で古くから栽培されてきた唐子丸は、
G. calochlorum v. proliferum とされて来ましたが、
その多くが 交配により外観が変り、
黄色がかった刺で、かつ 大型になっています。

この種は、白刺、小型で仔吹きし群生します。
Cordoba(コルドバ)州の Sierra Grande (グランデ山脈)
の南側に産します。





Sany0162--calochlorum--JPR 108-258--Mesa seed 459.2--ex Kousen en
Sany0107--calochlorum--JPR 108-258--Mesa dseed 459.2--ex kousenen
Gymnocalycium parvulum      JPR 108-258
Mina Clavero  Cordoba, Arg. 
( Mesa seed 459.2)
(パルブラム   JPR 108-258 )








スポンサーサイト
2018.07.07 09:00 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |