ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

写真は、G. cardenasianum ( 光琳玉 ) JO 604 です。
フィールド No. のついたものは少ないと思います。

G. cardenasianum(光琳玉)はギムノの人気種で、
いろんなタイプが市場に出廻っています。
強刺の選抜品が品評会にもよく出品されます。

この JO 604 は従来あるタイプとあまり変わらないように見えます。
やや細く長い刺です。

G. cardenasianum は、1953 年に F. Ritter 氏により
ボリビアの Carrizal(カリザル)で発見され、
FR 88 の FN (フィールドNo.)で、ドイツのウィンター商会
より発表されたものです。

G. bayrianum ( バイリアナム ), G. spegazzinii ( 天平丸 )に近い種です。
亜種に ssp. armatum ( アルマツㇺ )があります。

ボリビアの 2500m前後の高地に産します。 



180607--Sany0042--cardenasianum--JO 604--3km north of Carrizal 2550m--Bercht seed 2714 (2014)
Gymnocalycium cardenasianum  JO 604
3km north of Carrizal ,Tarija, Bolivia, 2550m
( Bercht seed 2714 (2014))
( 光琳玉    JO 604 )





スポンサーサイト
2018.06.10 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |