ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. saglionis 〔AGG〕
(= G. saglione )

写真はG. saglionis (新天地)の変種とされる、
v. australe (アウストラーレ )です。

新天地はギムノの中で最大の球径に達する大型種です。
産地では径50㎝ になるものが見られます。
1980年代には径 80㎝ の大球があったという話が出ています。
土地利用のため、今は消滅したようですが。

国内の栽培場にも径30cmくらいの見事な大球が見られます。

アルゼンチンの北西部の広大な地域、
南の La Rioja (ラ・リオハ)州から北へ、
Catamarca (カタマルカ)、Tucuman(ツクマン)、
Salta(サルタ)、Jujui(フフイ)の各州に自生します。

v. australe (アウストラーレ )はこの中で南の地域に産します。
変種名は(南の)を意味します。

密度高く密生する刺、大きなつぼみ、大型になることが
特徴とされます。



Sany0049--saglionis v australe--STO 312--Villa Union--Bercht seed 4310 (2015)
Gymnocalycium saglionis v. australe      STO 312
Villa Union, Arg.
(Bercht seed 4310 (2015))

( 新天地(変種)アウストラーレ     STO 312 )


Sany0209--saglionis australe--HV 517--Ulapes LR--Bercht seed 3906(2014)
Gymnocalycium saglionis v. australe      HV 517
Ulapes  La Rioja, Arg.
(Bercht seed 3906(2014))
( 新天地(変種)アウストラーレ      HV 517 )



170828--googl map english--Argentina-1-460-a

170828--googl map english--2--jujui--cordoba--checked--460b







スポンサーサイト
2017.08.29 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(4) |

とても興味深く拝見させていただきました。

新天地の自生地は広大ですね!
地図で見ると、こんなに広いとは想像すらしていませんでした。

Berchtさんのリストに結構な種類のsaglionisが載っていたのですが、納得ゆきました。

2017.08.29 20:48 URL | Kakteenweb #- [ 編集 ]

新天地の南方型、興味深い情報ありがとうございました。

最北端と言われる亜種、ティルカレンセは播いてますが、こちらもなかなかの美品ですね。
来年のタネマキ候補に加えさせていただきました。

新天地は、巷で人気の天平丸や黒王丸ほど気難しく無く、
初心者にも安心して栽培出来るのに、あまり表に出てきませんよね。

これからも隠れた名品の紹介を期待してます。

2017.08.30 10:32 URL | noria #nZUaibmI [ 編集 ]


コメント有難うございます。

新天地は、分布の広さの点でも、大きさの点でも、ギムノの代表種です。
長くギムノをやっておられた先輩が、ギムノの中で一番素晴らしいと言ってられたのを
思い出しました。
小さい時から見ごたえがあり、丈夫でよく成長し、早く堂々たる成球に達します。
もう少し皆さんに作っていただきたいと思っています。

見て頂いているかも知れませんが、ブログの右下リンクからホームページ(ギムノカリキウム 情報室)
に入っていただくと、種別一覧、選抜品などの写真集がありますので、参考にしてください。

2017.08.30 22:00 URL | tytsks #- [ 編集 ]


noria 様

コメント有難うございます。
新天地は、種子が小さいですが、丈夫でよく成長します。
ベルヒト氏の種子リストを見ると、v. australis の品種として
fa. splendens というものも出ています。
今年の種子は発芽しませんでした。
この辺りの実生もトライしていただければと思います。






2017.08.31 15:04 URL | tytsks #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示

| ホーム |