ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ


G. carminanthum v. montanum
(= G. oenanthemum ssp. carminanthum v. montanum [AGG] )
(= G. oenanthemum [G. Charles] )
(= G. tillianum ssp. montanum )

一般に G. carminanthum ( カルミナンサム)の変種として
種子、小苗が販売されています。
G. tillianum (チリアナム)の亜種とされていたこともあります。

G. carminanthum (カルミナンサム)に対して、
より小さな胴体、より青い肌色、より小さな花、
胴体から突き出す刺 などが特徴とされます。

Catamarca (カタマルカ)州の、
Sierra Ancasti (アンカスティ山脈)の産で、
基準種に比べて高地に自生します。
変種名の( montanum) は(山地性の)を意味します。





Sany0062--carminanthum v montanum--SL 35a--Piltz seed 5210--ex Milena
Gymocalycium carminanthum v. montanum   SL 35a
Los Angeles, Catamarca, 2600m, Arg.
(Piltz seed 5210)
( カルミナンサム(変種)モンタナム         SL 35a )



Sany0171--carminanthum v montanum--HV 611--Amerhauser seed
Gymnocalycium carminanthum v. montanum     HV 611
Cuesta de los Angeles, Catamarca, Arg.
( Bercht seed 2262 (2012))
( カルミナンサム(変種)モンタナム         HV 611)



Sany0013--carminanthum v montanum--LF 74a--Localita Angels 2500m catamarca--ex milena
Gymnocalycum carminanthum v. montanum       LF 74a
Localita, Los Angels,  2500m, Catamarca, Arg.
( カルミナンサム(変種)モンタナム         LF 74a )




スポンサーサイト
2017.08.09 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |