ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. damsii v. tucavocense
(= G. anisistii ssp. holdii v. tucavocense [AGG])
(= G. anisitsii ssp. damsii [G. Charles])
(= G. damsii ssp. evae v. tucavocense [J. Piltz])

v. tucavocene ( ツカボセンセ )は、
以前から種子リストなどでは G. damsii(麗蛇丸)の変種
とされていますが、 AGGはこれを anisitsii (翠晃冠)
のグループに入れています。

一方、G. Charles (チャールス) は これをG. damsii (麗蛇丸)系
としています。

花の形態からすると翆晃冠系で、球体の外観からすると麗蛇丸系
ということのようです。

ツカボセンセは紅緑丸の和名がありますが、
写真の Lau 361 は緑肌の一部が赤っぽくなっています。
次の写真のメサ種子実生の苗の方は、赤っぽい部分はありません。





Sany0001--damsii v tucavosense--L 361--mesa seed 462.6
Sany0002--damsii v tucavosense--Lau 361--Aguas Sucias---Mesa seed 462.6
Gymnocalycium damsii v. tucavosense     Lau 361
( Mesa seed 462.6)    
( ツカボセンセ      Lau 361 )




Sany0057--damsii v tucavosense--Mesa seed--ex Houmei en
Gymnocalycium damsii v. tucavosense
( Mesa seed )    
( ツカボセンセ    ( Mesa 種子 実生 ) )







スポンサーサイト
2017.03.03 09:00 | Terminalia(瑞雲丸・麗蛇丸他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |