ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. bayrianum ( バイリアナム )は、
冬期に紫色を帯びるものが時々見られます。

写真のバイリアナムは冬になって紫がかっています。
紫色を帯びる程度は年によって変わります。
その年の気温の変化に因るのでしょうが、
成長して大きくなることによっても変わるようです。

2番目の写真は2年前の成長期の肌色です。

3番目の写真は、同じ株の3年前の冬期の姿です。
この時はきれいな紫色になりました。
その後こういう色になってくれません。

この種は、G. spegazzinii (天平丸)、
G. cardenasianum (光琳玉)に近い種です。

3~5本の刺が胴体に沿って伸びるタイプが
一般的ですが、刺が突き出すタイプもあり、
長刺で光琳玉に近い外観のタイプもあります。

Tucuman(ツクマン)州から、 Salta(サルタ)州にかけて
広い地域に分布する G. spegazzinii (天平丸) に対して、
この種はTucuman(ツクマン)州東部のやや狭い地域で、
ごくわずかにSalta(サルタ)州に入ったところまでに
分布します。





Sany0025--bayrianum--Amerhauser seed(1998)--Sierra Ancasti bei El Alto--ex Tutiya--
Sany0122--bayrianum--Sierra Ancasti bei El Alto--Amerhauser seed(1998)--ex Tutiya
Sany0135--bayrianum--Sierra Ancasti bei El Alto--Amerhauser seed(1998)--Tutiy
Gymnocalycium bayrianum
Sierra Ancasti bei El Alto, Tucuman, Arg.
( H. Amerhauser seed (2009))
( バイリアナム            ( H. Amerhauser 種子実生))











スポンサーサイト
2017.02.28 09:00 | Microsemineum(紅蛇・天平他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |