ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. ochoterenae v. polygonum
(= G. ochoterenae [AGG])

G. ochoterenae(武勲丸) の変種とされていた
v. polygonum, v. varispinum, v. tenuispinum は、
今では基準種の変異の中に含まれるとして、
G. ochoterenae と同種とされています。

自生地では同じ地域に 基準種とこれらのタイプが
混ざって生えているそうです。

Backeberg(バッケベルグ)の時代では、
産地の情報が不十分で、これらを変種としたのも、
やむを得なかったかと思われます。

この v. polygonum(ポリゴナム )については、
刺の長短、多少などいろんなタイプがありました。

写真は特に人気のあった短曲刺のタイプで、
もともと Uhlig(ウーリヒ) から入ったと聞いています。

自花受粉の種子からの実生苗を育てていますが、
今のところ刺が細いようです。

この他にも魅了的なタイプがありましたが、
永らく見かけません。

今のヨーロパの種子にはv. polygonum は見当たらず、
G. ochoterenae の中に入っているのかも知れません。






Sany0206--polygonum--ex matumura
Gymnocalycium ochoterenae v. polygonum
( 武勲丸(変種)ポリゴナム     (旧来品) )




Sany0210--polygonum--ex matumura
Gymnocalycium ochoterenae v. polygonum
( 武勲丸(変種)ポリゴナム     (旧来品) )








スポンサーサイト
2017.01.05 09:40 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |