ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. triacanthum
(= G. .bodenbenderianum [AGG])
(= G. .riojense )
(= G. riojense ssp. paucispinum v. triacanthum)

この種は、AGGの分類で、以前は
G. riojense ssp. paucispinum v. triacanthum
とされていました。

AGG の最新の分類では、変種が取り消され、
現在ではG. bodenbenderianum
(ボーデンベンデリアナム)
の一タイプとされています。

もともと Backeberg (バッケベルグ)氏 が
Die Cactaceae の中で記載したものですが、
産地が不明でした。

その後、 J. Piltz (ピルツ)氏が、
産地でこれにに合致するものを発見したとして
発表したのが P 124 です。

種名の triacanthum は3本刺の意ですが、
この P 124 の実生から は、3本刺の他に
5本刺がかなり多く出ます。

国内で三刺玉とされるものがありますが、
G. riojense の系統は三本刺が多く、
この種の他に三本刺の不明種が三刺玉とされている
ことがあります。

最初の写真の P 124 は3本刺のタイプです。
次の写真の P 124 は5本刺で白い粉を吹くタイプです。
今年の成長部を残してかなり白くなっています。






Sany0130--triacanhum--P 124--Mesa 491.05
Gymnocalycium triacanthum         P124
Rio Icano, Sierra. Ancasti, Catamarca, Arg. 
(Mesa seed 491.04)
 (   トリアカンサム         P124  )





Sany0142--triacanthum--P 124-Sierra Ancasti Cordoba 700m--Piltz seed 4264--ex Kobayasi
Sany0143--triacanthum--P124--piltz seed--ex kobayasi
Gymnocalycium triacanthum         P124
Rio Icano, Sierra. Ancasti, Catamarca, Arg. 
(Piltz seed 4264)
 (   トリアカンサム         P 124  )











スポンサーサイト
2016.12.26 10:00 | Pileisperma(竜頭・守殿・怪竜) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |