ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. sigelianum
(= G. capillense v. sigelianum [AGG])
(= G. capillaense [G. Charles])

この種は征冠玉 の和名で栽培されてきたものです。
Cordoba(コルドバ)州の Sierra Chica(チカ山地)東面
の産とされています。

G. capillense(= capiallense)(桃冠玉)の系統では、
この種の他に G. sutterianum(王冠玉)、
G. deeszianum(月冠玉) がありますが、
いずれもこの近辺に産します。

大きな分類をとる G. Charles 氏は
これらの4種を区分せず、
すべて G. capillaense としています。

写真は、Koehres 種子実生の G. sigelianum (征冠玉)で、
白い長刺が上に大きく反り返るタイプです。





Sany0083--sigelianum--Koehres seed --ex Kousen en
SANY0084--sigelianum---Koehres seed --ex Kousen en
Gymnocalycium sigelianum
(Koehres seed)
(  征冠玉           (ケーレス種子実生))









スポンサーサイト
2016.11.11 09:10 | Gymnocalycium(九紋・羅星他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |