ギムノ   フォト プロムナード

  ギムノカリキウム属  ーーー  原種ギムノの写真とメモ

G. matoense
(= G. megatae ssp. matoense [AGG])
(= G. marsoneri ssp. matoense [G. Charles])

南ブラジルの Mato Grosso (マトグロッソ)の産で、
ここはパラグアイとの国境に近い地域です。

AGG は、パラグアイに産する G. megatae (メガタエ)
の 亜種としています。

刺は黄色っぽい色で、古くなると灰色になります。
白花です。

径 15cm までで、扁平に育ちます。




Sany0138--matoense--VoS 06-288--VoS 06-288--north-west of Caracol Mato Grosso do Sul 293m Brazil--VoS seed(2015)
Gymocalycium matoense        VoS 06-288         
north-west of Caracol,  Mato Grosso do Sul,  293m,  Brazil
(V. Scaedlich seed)
(  マトエンセ             VoS 06-288   )



03100501a--matoense Piltz seed
Gymocalycium matoense           
Mato Grosso, Brasil       
( Piltz seed  2735 )
(  マトエンセ            ( Piltz seed 2735)  )









スポンサーサイト
2016.09.06 10:00 | Schickendantziana(波光竜他) | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

| ホーム |